本郷綜海よりのメッセージ

かつて人類の歴史は、戦いと欠乏、苦しみの連続でした。

その中でも私たち人間は日々の暮らしをよりよいものとするために絶え間ない努力を続けてきました。

今、時代はまさに大変革のときを迎えています。

苦しみを通して学ぶこと、または苦しみを感じることを避けるため、一時の享楽と言う否認の状態で暮らすこと、戦いに勝ち生き残ること、を目的にした時代は終わろうとしています。

みなさんのみる社会には、そのための浄化作用としての闇が、一層色濃く現れていることに気づいていらっしゃる方も多いかも知れません。

同時に、より多くの人たちが真実の自己に目覚め、それを日常という日々の暮らしの中で表現する道を探求しています。


あなたもその一人であることを生きることを選択しませんか?


もしもあなたが苦しんでいるのだとしたら、あなたはあなたと世界に対する古い、謝った思い込み、というフィルターを通して世界をみているのです。

私の勤めは、そのフィルターをきれいにお掃除し、あなたがあなたと世界の本当のことを思い出すことをお手伝いすることです。

あなたがあなた自身の世界の本当のことへと目覚めるとき、あなたは自分がこの人生に持ってきた使命を思い出し、それを生きはじめることでしょう。

もっと簡単に言えば、自分と世界が大好きで、だからこそ、じぶんにできる最高のことを世界にも自分にも与えたいと望み、それを生きるようになるのです。


私と一緒にあなたをあなた自身であることから引き止めていることを見つけ出し、それを手放して行きましょう。


輝かしい未来は、今ここにあります。


あなたはただそれに、目覚めるだけでいいのです。


2010春